目標達成に役立つ4つの方法

目標達成をもっと簡単で楽にする!
目からウロコの即実行可能な4つの目標達成方法と、目標達成ノウハウを知り得た人の意外な共通点とは?
【裸のマネジメント48の魔法】
目標達成に役立つ4つの方法トップ > 目標達成 > 気持ちを楽にして目標達成の実践と応用が読むだけで分かる

スポンサードリンク

気持ちを楽にして目標達成の実践と応用が読むだけで分かる

「やる気が起きない」
「めんどくさい」
「やめようか」
「あしたにしよう」
誰だって、気分が乗らない日はあります。無理にやる気を出そうとするとかえってつらくなる。そんなとき無理をしては逆効果。

では、自分を苦しめずに目標達成するにはどうしたらいい?

「三日坊主」「計画倒れ」など、こうすればがんばらずに目標達成できる!


「めんどくさい」という感情を排除する逆発想法とは?
何かやろうとしたとき『めんどくさい』…とネガティブな言葉が最初に浮かんだら“逆発想”の方法で対処します。

逆発想とは、自分の潜在意識に「いや、待てよ。これをやれば自分が大きく成長するぞ!」と自分で反論することです。

たとえば、“禁煙”を決意した人が「吸いたい」と思った瞬間、「いや、待てよ。いま吸ったら今までの努力が水の泡だ」とネガティブな感情にならないようにするのです。

逆発想では「いま吸わないでお茶を飲むようにすれば健康になる。楽しみだな〜」と目標達成に対してポジティブな感情を実際に言葉にして口に出します。「楽しみだな〜」は2回です。「楽しみだな〜」という言葉を口に出すことで自分の潜在意識が目標達成の向けて行動をうながす力が働きます。

このとき、目標達成できたときの自分をイメージし、目標達成した自分になるために「具体的にいま、何ができるのか?」と自分に投げかけます。

「この状況で自分はどうでありたいのか?」
「それなら、いますぐできることはないか?」
と目標達成に向けて小さな行動の具体策を考えて実行します。
タグ:目標達成

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。