目標達成に役立つ4つの方法

目標達成をもっと簡単で楽にする!
目からウロコの即実行可能な4つの目標達成方法と、目標達成ノウハウを知り得た人の意外な共通点とは?
【裸のマネジメント48の魔法】
目標達成に役立つ4つの方法トップ > 目標達成 > テクニック「集中するために必要な目標達成にできること」

スポンサードリンク

テクニック「集中するために必要な目標達成にできること」

やらなければならないことがあるのを分かっていても、関係のないことをして、結局、本当にやらなければならないことが、時間がなくなってしまう。どうしたら目標達成に集中できるのか。

そなんな、経験はありませんか?


ずばり! 自分の行動パターンを再認識して、他のことができない環境を作りましょう。


ビジネスでパソコンは不可欠です。そう、今あなたが見ているのもパソコン画面ですよね。


仕事始めにメールをチェックするのはあたり前。

なんとなく、気がつくとインターネットのホームページを見て本当は関係ないのにニュースを見たり株価チェックをしたりすること、ありますよね。(ネットサーフです)

「世の中の動きをチェックしている」というのは言い訳で、実は、仕事にすぐ取りかからなければならないというプレッシャーを解消するための潜在意識が行動させているのです。


この無意識の行動を心理学用語では任地的不協和といっています。

その不協和を解消するために、目標達成ができなかった場合の理由行動をしてごまかしゃちゃおうと。「モチベーションがあがらないのではなく、世の中の動きをチェックしている」という言い訳をつくれば苦痛から逃れられる。これは自己防衛機能が働くためだとされています。


この場合、目標達成するには、自分の行動パターンを再認識して、他のことができない環境を作っておかなければなりません。


必要なメールはプリントアウトして、なるべくパソコンを使用しない環境をつくったり、株価がいつも気になるのであれば、最初に株価チャックを済ましておくのもいいでしょう。


つまり、目標達成できないのであれば自分の行動パターンというものがある、それを再認識して目標達成の妨げとなるものを先に済ます。などの万全の環境にしておけばいいのです。


いくら「目標達成しなければ」と思っても環境が整っていなければ意志だけでは限界があるとされています。
タグ:目標達成

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。